α7IIとα6000でISO感度比較 勝利はもちろんα7IIだけど・・・

先日、α7IIとα6000のISO感度を比較する記事を書いたのですが、当時はフルサイズ用のレンズを持っていなかったのでオールドレンズを使用して比較したものでした。

フルサイズ用のレンズを購入したので、改めて記事を書き直したいと思います。

前回の記事からのコピペも多いです。前回の記事は下のリンクからどうぞ。

【旧】α6000 VS α7II 仁義なきISO感度比較

2017年6月23日

α7II購入の理由の一つに、α6000は高感度でノイズが乗りやすいという点がありました。

結果を述べると、当然フルサイズのα7IIの方がノイズが少ないです。
実際どれくらい違うかという点に着目して、私と同じようにα6000の高感度に不満がある人の参考になればと思います。

撮影設定

同じ設定など

  • 絞り優先 双方F4.0
  • シャッタースピード オート
  • ホワイトバランス 太陽光
  • レタッチやノイズリダクションは無し

F4.0に固定し、ISO感度800から1段ずつ上げていきます。
絞り優先オートなので、自動的にシャッタースピードだけで露出が調整されていきます。

異なる設定など

α6000 α7II
レンズ SEL1670Z SEL1635Z
焦点距離 23mm
(35mm判換算35mm)
35mm

今思えばSEL1635Zをそのままα6000に取り付けて23mmで撮影した方がフェアだったかもしれない。

比較する画像

前回とは異なるロケーションです。(少しは絵になるかなと思って)

実際に比較

ISO800


既にα6000はノイズ乗っていますが、まだ大丈夫ですね。

ISO1600


α6000は結構ザラザラしてきました。

ISO3200


α6000のデフォルトのISO感度上限です。かなりザラザラしています。
α7IIもノイズが目立つようになってきました。

ISO6400


α7IIのデフォルトのISO感度上限です。やはりこれくらいが限界でしょうか。

ISO12800


どっちの画像も見てられませんね。

ISO25600


一応撮ったので。
この感度になってもα7IIの方がノイズは少ないですね。

双方のISO上限で比較


ノイズの感じは近いですが、このISO感度ならα6000の方がノイズは少ないですね。

まとめ

当然α7IIの方がノイズには強かったですが、比べてみるとあまり大差なかったですね・・・
0.3段か0.7段くらいの違いでしょう。
(実際のところ2段か3段くらい強いと思ってました)

α7IIはボディ内に手ぶれ補正もあるし(α6000には非搭載)、より低い感度で撮影ができるので、三脚のない緊急時などにも対応できる点では有利ですね。

本当の高感度が欲しい人はα7SIIを購入しましょう。

今回使った機材

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2
  • ソニー(SONY)
  • 価格   ¥ 125,349
  • 販売者 セブンスター貿易
SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ブラック ILCE-6000 B
  • ソニー(SONY)
  • 価格   ¥ 53,162 ¥ 65,323
  • 販売者 Amazon.co.jp

関連コンテンツ