α7IIIとα7IIでISO感度比較!裏面照射型センサーの実力とは!?

α7IIからα7IIIの大きな変更点として、イメージセンサー(映像素子)が裏面照射型に変更されました。

裏面照射型の特徴のひとつに、光を通しやすく高感度でもノイズが出にくいという点があります。

α7IIIの裏面照射型センサーについては下のリンクからどうぞ

α7 III 特長 : 研ぎ澄まされた描写性能

今回の記事ではα7IIIの前モデルにあたるα7IIとISO感度の高感度耐性を比較していきたいと思います。

ホームページでは1.5段ぶんの高感度耐性と書かれていますが、実際に比較してみました。

撮影条件

  • レンズ SEL1635Z 35mm
  • 撮影モード 絞り優先オート F4.0
  • シャッタースピード オート

ホワイトバランスの設定を忘れていたので、Lightroomで調節しています。

絞りをF4.0に固定でISO感度を800から一段ずつ上げていき、シャッタースピードで自動的に露出が調節されていきます。

ロケーションは同じですが、α7IIは売ってしまったので撮影時期が異なります

比較する画像

前回と同じテストスポットです。

実際に比較

ISO800

当然双方まだまだ余裕

ISO1600

若干α7IIの方がザラついてきましたが、まだまだいけます。

この辺りからα7IIIにもノイズが出てきました。まぁまだ双方ともに許容範囲です。

ISO6400

α7IIのISOオートの初期の上限設定です。個人的にはまだ許容範囲ですが、わりと目立ちますね。

α7IIIもかなりノイズが目立ってきました。

ISO12800

α7IIIのISOオートの初期の上限設定です。こっちも上限ではありますが、個人的には許容範囲です。

α7IIはもうキツいですね。

ISO25600

もうα7IIは無理ですね。ザラザラです。ちなみにα7IIはこのISO25600が最大です。

α7IIIも限界近いですね。

番外

α7IIIのISO感度をさらに1段上げてみました。

かなり近いノイズの乗り具合じゃないでしょうか。

まとめ

高感度の比較をしてみましたが、体感としては1段くらいで、公式の1.5段ほどの体感はありませんでした。

世間ではこの高感度耐性はα7SIIに匹敵すると言われています。

α7SIIは裏面照射型センサーではありません。

α7SIIIが出るなら、ほぼ確定で裏面照射型でしょうし、高感度耐性はどれくらいになってくるんでしょうね。

今回使ったもの

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
  • ソニー(SONY)
  • 価格   ¥ 194,500
  • 販売者 TOYOカメラ
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2
  • ソニー(SONY)
  • 価格   ¥ 125,349
  • 販売者 セブンスター貿易

関連コンテンツ