【2017年最終版】軽量ミラーレスはどれ?各メーカーのメイン機種の重量まとめ

カメラを選ぶ時、色々なスペックを確認しますが、重量(質量)は確認していますか?
「性能が良くて軽い」そんなモデルはなかなかありません。

旅行で使うのか、登山で使うのか、撮影会で使うのか。
それぞれ適切な重量は異なり、重さに対する個人差もあるので参考にしてもらえると幸いです。

ミラーレス一眼とは

性能の良いカメラというと一眼レフが有名です。
一眼レフは名前の通り、内部にレフと呼ばれるミラー(レフ)が入っていて、ミラーを通していファインダーに被写体を映します。
フイルム時代のカメラと同じ仕組みで動作しているので、歴史も長くカメラとして完成しています。

ミラーレス一眼は一眼レフとは異なり、内部にミラーが入っておらず、軽量化などがされたカメラです。
構造としてはコンパクトデジカメに近いです。
ミラーレス一眼は歴史が浅く、まだ成長途中という人も多くいます。

調べようと思った経緯

この前の記事でα7IIが重いと書いておきながら、そもそも重さの基準がよくわからないので、
各社センサーサイズ毎に調べてまとめました。

この前の記事はこちら

α6000からα7シリーズへ移行を考える

2017年3月12日

センサーサイズの話はこちら

一眼カメラ購入前に知っておくべきマウントとセンサーサイズの話

2017年3月3日

比較してみる

色々なカメラの重さを調べた結果をまとめました。

センサーサイズごとに重さをまとめているのですが、機種の少ない富士フイルムの「GFX」とニコンの「Nikon1シリーズ」はセンサーサイズがマイナーで、比較対象が少ないのでこの記事では除外してあります。

フルサイズ編

メーカー 製品名 重量
ソニー α7 474g
α7II 599g
α7S 489g
α7SII 627g
α7R 465g
α7RII 625g
α7RIII 657g
α9 673g

独壇場のソニーですが、フラグシップ機のα9がやはり一番重く、次いで高画素、高性能のα7RIIIが重い仕様になっています。プロカメラマンの多くが使うセンサーサイズです。
2017年現在、フルサイズのミラーレスはソニーからしか出ていません。別メーカーの同じクラスがないと比べようがない気がします。

2018年にはキャノンやニコンからもフルサイズミラーレス販売の噂もあるので、今後に期待です。

α7IIは無印のα7から1.5倍近く重くなっているんですね。

APS-C編

メーカー 製品名 重量
ソニー α6000 344g
α6500 453g
キャノン EOS M6 390g
EOS M10 301g
EOS M100 302g
富士フイルム X-Pro2 495g
X-T2 507g
X-A3 339g
X-E3 337g

APS-Cセンサーは色々なメーカーが充実しているので、比較のしがいがありますね。
どのモデルもほとんど500g以下ですが、メーカーやモデルによってかなりバラつきがあります。

富士フイルムのX-T2が評判のようですが、フルサイズのα7よりも重いとは・・・

マイクロフォーサーズ編

メーカー 製品名 重量
オリンパス E-PL8 374g
PEN-F 427g
E-M1 497g
E-M1 MarkII 574g
E-M10 MarkIII 410g
パナソニック GF9 269g
G8 505g
GX7Mark2 426g
GH5 725g
G9 658g

パナソニックやオリンパスのE-M1やE-M10は重めですが、しっかりとグリップしやすい形状なので、あまり重さは感じないかもしれません。
デザインがおしゃれで女子向けの印象があるオリンパスのPENシリーズはやはり軽量ですね。

重量ランキングTOP5

メーカー 製品名 重量 センサーサイズ
パナソニック GH5 725g マイクロフォーサーズ
ソニー α9 673g フルサイズ
パナソニック G9 658g マイクロフォーサーズ
ソニー α7RIII 657g フルサイズ
ソニー α7SII 627g フルサイズ

ランクインしたモデルはどれも一眼レフの形状に近く、しっかりとしたグリップがあります。

やっぱり一眼レフの形状は重さを感じさせないために最適な形なのでしょう。

軽量ランキングTOP5

メーカー 製品名 重量 センサーサイズ
パナソニック GF9 269g マイクロフォーサーズ
キャノン EOS M10 301g APS-C
キャノン EOS M100 302g APS-C
富士フイルム X-E3 337g APS-C
富士フイルム X-A3 339g APS-C

キャノンはまだミラーレスは本腰を入れていないようですが、富士フイルムはミラーレス一本のメーカーです。

評判の良い富士フイルムのXシリーズですが、重さも軽いんですね。

まとめ

センサーサイズと重量は関係ありませんでした!

ハッキリと分かれると思っていましたが、どれも予想から大幅に外れました。

やはりハイエンドは重く、エントリーモデル辺りは軽量なモデルが多いです。
一眼レフのハイエンドは1kgを超え、今回紹介したモデルは全て1kg未満です。
ミラーレスは軽い。そこに魅力がある事は間違いありません。

私のα6000も軽い方なので、2台目にハイエンドとなると増量は避けられませんね。
α7IIと比べると重量が2倍近く違う。そりゃあ重く感じるわけだ・・・

関連コンテンツ